町内会のお祭り。この暑いのによく頑張ったなぁ。

年に一度の町内会のお祭りに息子と参加してきた。猛暑の中で、汗だくになりながら山車を引いてきた。
小学生以上の子供はお神輿を担ぐ。昔、自分も子供の頃お神輿を担いだ。ずっと変わらずに続いている。今見るとお神輿がとても小さく見える。当時はデカイ、重い。と思いながら担いでいた。
息子はまだ幼稚園児なので山車をお友達と一緒に引いた。山車も引くのに結構な力がいる。もう暑い。と言いながらも、何とか最後までやりきる事ができた。
息子が産まれてから6回目のお祭りだが、毎年この時期に熱を出して参加できず、今回でやっと2回目の参加になった。このお祭りで担ぐお神輿は、50年前に川が氾濫した時に町内の地主のお家に流れ着いたお神輿だと言う。それ以来、町内の神社に奉納して年に一度お祭りが開かれている。
しかし、何でこの暑い時期にお祭りをやるんだろうか。
夏じゃなくて、秋じゃダメなのかなぁ。日差しもジリジリするし、法被は暑いし、休憩ポイントでスイカやお茶などは配られるが、足りない。
あっ、もしかしたらお百姓さんが秋だと忙しいからかな。きっとそうだ。
来年はいよいよ息子もお神輿を担ぐ。楽しみだなぁ。お金を借りる 在籍確認なし