スタートをしたり各種企画やドラマを見た

行きたいところがあったので、出陣をしました。最初に昼間ランチタイムを食べに、ファストフード店に行きました。揚げ物のバウチャーというチキンナゲットのバウチャーがあったので、揚げ物とチキンナゲットを頼みました。揚げ物は、いつもより些か冷めているかなと思いましたが、熱すぎることもなかったので美味しかっただ。次に、荷物テレビ局に行きました。記帳するところが無くなりみたいだったので作ってもらいました。そうして、19拍子ぐらいからTVされていた、諸々放送を見ました。こういう諸々放送は、とある顧客って色んなトークをしたり、決戦をしたりやる放送だ。今回の顧客は2人で来ていました。分かる自身でしたが、素顔がどんな感じなのかめったに知りませんでした。久しぶりに見た顧客でした。そのあとに、韓国ドラマがTVされていたので見ました。分かる自身が出ていました。韓国語はいいですし、ドラマもいいなと思いました。ミュゼ プラチナム ログイン

現天皇陛下の退位日は?国民目線優先か、政治日程優先か。

昨年夏の天皇陛下の「お言葉」から1年。
現天皇陛下の特例法による退位が認められ、
その退位される時期が、具体化されてきました。
提示された案は
2019年(平成31年)の3月末日または4月末日のいずれかということであり、
それぞれその翌日に、現在の皇太子さまが新天皇に即位されるということです。

3月末日によるメリットは、
日常生活において、年度変わりの時期にあたるため
区切りがいいこと。
4月末日によるメリットは
現在の4月29日が昭和天皇の誕生日にあたる昭和の日であるため、
国民が皇室に想いをはせるのにふさわしい時期であるということや、
2019年には統一地方選挙が行われるため、4月末日にすれば、
政治日程に区切りがつくことで、新天皇即位の準備が政府としてもできるということです。

一方でデメリットは、
3月末日は新年度の予算編成等で新天皇即位の準備に国会が対応できない可能性があること、
4月末日の場合は、新年度から間もない改元は、企業活動等に支障をきたす恐れがあるということです。

年度の切り替わるころでの改元でもありますが、
ひとつの区切りという意味合いでは、
3月末日での改元のほうがしっくりくるような気がします。
来月には皇室会議にて皇室の方々の意見を交えて本件の審議が行われるとのことです。ミュゼ 予約 同伴者