手足口病は子どもだけの病気ではないんです!

ナインティナインの矢部浩之さんが手足口病を発症したそうですね。

でも、手足口病は子どもがなる病気なのでは?と思う方も多いでしょう。

ウイルスでうつる、手の平や足の裏、口の中にブツブツ水ぶくれができる、小さい子に多い病気のはず…。

保育園では、よく手足口病やリンゴ病の子の話を聞きました。

口のなかの水ぶくれがつぶれたら、口内炎みたいに痛くてゴハンが食べられなくなるそうです…水ぶくれはたくさんできますからね。

想像しただけで痛そう。

昔、手足口病ではなくて、単純に口内炎がたくさんできたことがあって、そのときはしゃべるのも難しくて大変でした。

子どもは辛いでしょうね…。

大人がなることはほとんどないはずなんですが、矢部さんはその「ほとんど」になってしまったんですね〜。

くしゃみなどの飛沫感染や、接触感染もある手足口病。

子ども同士だと簡単に感染してしまいそうです。

抵抗力が落ちていると大人でもかかる、ということなんでしょう。

どんな病気にも言えることですが、予防のためには手洗い、うがい、消毒!

どんな季節でも一年を通して徹底していきたいものです。

物事をよく知ってはいますが、数学や英語の教科は好まないのです。

私の次女となる娘の子供、つまり孫となるのですがとても社会のお勉強が好きな子がいるのです。

運動にも興味をもちますが、特に歴史が好きな様です。
ついこの間おんぶした様に思いますが、月日の経つ事をはやく感じ中学三年生となっております。

帰宅部であり続けた孫は、テレビで水戸黄門のドラマを見るのが好きです。
京都のお寺や、全国のお寺などにもとても興味をもっているのです。

娘宅は新聞をとっていないのですが、ママが仕事帰りに新聞を買って帰った時の事です。
「うちの家紋はどれ?」と遊びに行っていた私に聞きました。
すぐには答える事ができなかった私ですが、お墓参りに行った際の家紋と頭の中で重なったと思いました。

英語や数学には興味がない孫は、極端に歴史にはすごく知りたい見たいという思いをもっているのです。

ママは努力家でシングルマザーとして頑張っています。
お祖母ちゃんとなる私は、歴史に興味ある孫を羨ましくも思いますが、ママとしては英語・数学に力を入れてもらいたいのだと思います。

数年後には仕事をもつ孫となりますが、少しでも楽しく充実する生活をして欲しいと考えています。ミュゼ 価格