今日は夫人の日光だったのでびっくりを頂きました。

子供達から婦人の日という事でびっくりを頂きました。仕切りされた状態で客間に案内され、中に入ると仕切りを外してくれましたが、真っ先に驚いたのは内部だ。普段散らかっているのに、凄く綺麗に片付けられていました。これだけでもおすすめ有り難いのですが、もっと嬉しかったのが3兄弟のひとつ、今年6歳になる真ん中の乳児が、ユニーク曲を披露してくれて、奥様、しょっちゅう有難うっと手作りマイクで伝えてくれました。バリアには、子供達が書いた奥様有難うレターが貼ってあり、中学校の長女からは、肩もみや世帯の助けをできるフォローアップ券を貰えました。末っ子は2歳なので、まだわかっていませんでしたが、姉の真似をして歌をうたってくれました。その外見が3兄弟だけあって愛らしいですね。その後はテーブルにお菓子とジュースを並べ人生遊びで遊びました。人生遊びの結果は真ん中が1位でぼくが2辺り、3位は長女となりました。末っ子は、小さかった結果不参加ですが、ルーレットを回したりしてくれました。こうした婦人の日をおくれたぼくは、全く幸せな物ですな〜って思います。例年成長して出向く子供達に、奥様こそ、しょっちゅうありがとうっ!

会社の飲み会の幹事を任されるのも大変です。

今の会社に入社して、私の歓迎会を開いてもらった次の日から、なぜか私が職場の飲み会の幹事に任命されました。「お肉よりもお魚が食べたい」「職場からあまり歩かない場所で飲みたい」などみんな好き勝手なことを言ってくるので困っていました。みんなの要望を聞いていると、わがままが度を越してきました。正直仕事をするよりも疲れます。幹事になって唯一利点だなと思うのは、ポイントを貯めることができることくらいです。後輩が入ってきても、なぜか幹事の座が変わることがありませんでした。そろそろもう幹事を辞めたいと先輩に相談すると「選んでくれるお店が好きだったから、変わってほしくなかったのだけどね」と言われました。飲み会が終わった時に、この言葉を言ってくれれば、これからも気持ちよく幹事を引き受けたのになと思いました。言葉って大切なことだなぁと思います。後輩に幹事の座を譲ったので、次の幹事にはお店が良くても悪くても、予約してくれて「ありがとう」の気持ちは伝えようと思います。

空模様が良かったので、ガーデンの訂正をしてみました。

瞬間もよくなり、草木は日増しに成長してくれてます。些か手抜きをしている間に木はどんどんと膨れのぼり、草はテキパキ伸びてます。暑いし、虫に挑発罹るし、気が進まないスポットもあるのですが、放っておくと雑木林になってしいらっしゃる。雑木林になるだけならいいのですが、通風をよくしてやらないと、毛虫とかの害虫の金脈になる。そうなると余計に握りこぶしを垂らしれなくなってしまいますので、気合を入れて庭木のペットヘアカットに勝負しまいした。
頑張って生垣のペットヘアカットするのですが、切っても切っても見た目に貫くって感じです。大量の切り落とされた枝や葉っぱが土に散乱しているにもかかわらずだ。いつの間にやらすごく成長してしまったハナミズキは枝を打ち落とそうにも、脚立では届かず、仕方なく今回は黙殺だ。暑さと普段使わない筋肉を酷使している結果、ゆっくり疲れてしまう。今日の業務としてのペットヘアカットはこれぐらいにしておこうと思っても、土に散乱やる切り落とされた枝や葉っぱの状況があります。これがまた、疲れたボディーにはきつい入り用だ。特に、がんばりました。そうこうやるうちにどうにか本日の業務は約定だ。いかにも、今日はゆっくりと寝つけることでしょう。