スーパーフライデーによる観光で地方を活性化

皆さんは四季の中でどの季節がお気に入りですか。
冬は寒いし夏は暑い,ちょうどよい気温となれば春か秋になりますが,アレルギーの多い私にとって春は中々厳しい季節です。
では風景ではどうでしょう。
春の桜,秋の紅葉など観光客が目白押しになる時期も素敵ですが,最も好きなのは若葉が芽生えてから新緑を迎える時期です。
時に山々の残雪をバックに見ることの出来る木々の新緑は,コントラストも最高で絵を描く才能があればスケッチしたいほどです。
日本には四季折々の風景があり,また地域によって特徴がある事が魅力にもなっています。
今回,国の指針でスーパーフライデーが始まります。
実際に実施できるのは限られた企業になりそうですが,金曜の午後から旅立てる旅行手段が増えれば旅行のみならず帰省の機会も増え,地方に人が移動する流れが出来るのではと思います。
地方が疲弊するなか観光産業に対する期待は大きく,各県共に特色を出す事に一生懸命です。
人口が大都市に集中する現代社会ですが,その都会の人々に地方でお金を使ってもらうおすそ分けで地方もしぶとく生き残りたいものです。

イケメンはもう見飽きた?次に来るのは塩顔?

最近、テレビでよくお目にかかるのが、高橋一生さん。
ドラマやトーク番組で、よくお見掛けします。
男兄弟5人の長男で、お母様が亡くなられたので、末の未成年の弟さんの面倒を見ている、とか、家計簿を付けさせているとか
そんなところも男前だな、大人だな、と魅力を感じます。
しかも、ご兄弟はお父様が違って、お父様は3人おられるのだとか。
まっすぐに生きておられる感じとか、ぬくぬくと育ったわけではなさそうな感じとか、
そういうところも、今までの人気俳優さんたちと、少し違う感じがします。
顔や姿がかっこいい、イケメンさんは、たくさんいすぎて、
もう、誰が誰だか。。。って感じもします。
見た目がかっこいいより、生き方、たたずまいがかっこいい、に時代は移ってきたんじゃないでしょうか、と思ったり。
塩顔って言うらしいです。
高橋一生さんみたいな顔のことを。
きりっと、すがすがしい、すっきりとした感じでしょうか。
浮ついてない感じが、本当に素敵です。
きっと年を重ねて、40代、50代となられても、またかっこいいんじゃないかな、と思ってます。