次女と共にプリキュアショーを見てきました!

近所のハウジング中部で、次女といったプリキュアショーを見てきました。何回か連れて行っているので「プリキュアショーを見に行こうか!」と言うと企業も分かるようです。「あそこのね。」なーんて答弁が帰って来る。
プリキュアは幼稚園がお日曜日にテレビで見ているので知るらしく、ショーがあって、スタイルもいいと次女ってそれほど見に行きます。同じ内容のショーも次女にはうれしいみたいです。今回から目新しいプリキュアショーに変わっていましたが、次女は常にと同じように見ていました。
また、ショーの後のプリキュアとの握手や写真も楽しみにしていらっしゃる!勿論物販もしていらっしゃる。各回ではないですが、今までにプリキュアのメモ、証明色紙&証明を買いました。
お醍醐味手提げも売っていますが、組立が見えないせいか、次女はそれには大して人気を示していません。お醍醐味手提げが値段的に最高峰高いので、興味がないのがありがたいです。
次女がプリキュアショーを楽しんで見ている間は、都合がつく以上は見に行こうと思います!

各種人物にあたって修練を通していました

人々などにあたって学業をしました。ドルトン(1766〜1844階層)原子学説を提唱しました。一切は、原子でできていると考えました。古代ギリシャ語で、「これ以上分けられない」についての「atmos」を流用して、原子を「atom」と名づけました。こういう頃、マグネシア(酸化マグネシウム)やライム(酸化カルシウム)は、原子と考えられていました。また、物体をつくる原子についてのポリシーが腹一杯でなく、水の分子型が混乱していて、HOなどが使われていました。単体も組合せ物体も一切原子からできています。原子は顔ぶれにて本質も質量もちがい、仕切ることができません。物体の変化は、原子のファッションが変わるだけです。ベルセリウス(1779〜1848階層)というヒューマンは、ドルトンの絵は複雑なので、原子を符号で表そうと考えました。ベルセリウスは、原子の頭文字を符号として使用しました(1813階層)。知らないことを知れて良かったです。